Publications

Journal

  1. Measuring Public Concern About COVID-19 Through Search Queries.
    Gao, Zhiwei, Sumio Fujita, Nobuyuki Shimizu, Kongmeng Liew, Taichi Murayama, Shuntaro Yada, Shoko Wakamiya, and Eiji Aramaki.
    JMIR Public Health and Surveillance, 7(7):e29865 (2021).
    Paper
  2. Modeling the Spread of Fake News on Twitter
    Taichi Murayama, Shoko Wakamiya, Eiji Aramaki, Ryota Kobayashi
    PLoS ONE 16(4): e250419, 2021.
    Paper arXiv github
  3. Predicting Regional Influenza Epidemics with Uncertainty Estimation using Commuting Data in Japan
    Taichi Murayama, Nobuyuki Shimizu, Sumio Fujita, Shoko Wakamiya, Eiji Aramaki
    PLoS ONE 16(4): e250417, 2021.
    Paper
  4. Surveillance of early stage COVID-19 clusters using search query logs and mobile device-based location information
    Shohei Hisada, Taichi Murayama, Kota Tsubouchi, Sumio Fujita, Shuntaro Yada, Shoko Wakamiya, Eiji Aramaki
    Scientific Reports 10(1) 18680, 2020.
    Paper
  5. WEB上Q&Aサービスへの投稿ログデータにおける 認知症者の介護で家族が抱える困難と悩み
    小沢彩歌, 平和也, 村山太一, 藤田澄男, 伊藤美樹子, 荒牧英治
    ヘルスコミュニケーション学会雑誌 11(2) 19 - 27, 2020.
    Paper
  6. Robust two-stage influenza prediction model considering regular and irregular trends
    Taichi Murayama, Nobuyuki Shimizu, Sumio Fujita, Shoko Wakamiya, Eiji Aramaki
    PLoS ONE 15(5): e0233126, 2020.
    Paper
  7. Comparing medical term usage patterns of professionals and search engine and community question answering service users in Japan: Log analysis
    Kazuya Taira, Taichi Murayama, Sumio Fujita, Mikiko Ito, Kei Kamide, Eiji Aramaki
    Journal of Medical Internet Research 22(4) e13369, 2020.
    Paper

International Conference

  1. Single Model for Influenza Forecasting of Multiple Countries by Multi-task Learning
    Taichi Murayama, Shoko Wakamiya, Eiji Aramaki
    The European Conference on Machine Learning and Principles and Practice of Knowledge Discovery in Databases (ECML-PKDD), 2021
    Paper Appendix arXiv github
  2. Modeling the Spread of Fake News on Twitter
    Taichi Murayama, Shoko Wakamiya, Eiji Aramaki, Ryota Kobayashi
    7th International Conference on Computational Social Science (IC2S2), Extended Abstract, Oral, 2021
    Extended Abstract Slide
  3. Comparable Analysis of News Diffusion between Mainstream and Alternative Media in Twitter
    Taichi Murayama, Shoko Wakamiya, Eiji Aramaki
    7th International Conference on Computational Social Science (IC2S2), Extended Abstract, Poster, 2021
    Extended Abstract Poster
  4. Fake News Detection using Temporal Features Extracted via Point Process
    Taichi Murayama, Shoko Wakamiya, Eiji Aramaki
    In Proceedings of CySoc 2020 International Workshop on Cyber Social Threats, ICWSM Workshop, 2020.
    Paper arXiv
  5. NTCIR13 MedWeb Task: Multi-label Classification of Tweets using an Ensemble of Neural Networks
    Hayate Iso, Camille Ruiz, Taichi Murayama, Katsuya Taguchi, Ryo Takeuchi, Hideya Yamamoto, Shoko Wakamiya, Eiji Aramaki
    In Proc. of the NTCIR13, 2017.
    Best System Award
    Paper

Preprint

  1. Influenza Surveillance using Search Engine, SNS, On-line Shopping, Q&A Service and Past Flu Patients
    Taichi Murayama, Nobuyuki Shimizu, Sumio Fujita, Shoko Wakamiya, Eiji Aramaki
    arXiv:2104.06646, 2021.
    arXiv
  2. Universal Fake News Collection System using Debunking Tweets
    Taichi Murayama, Shoko Wakamiya, Eiji Aramaki
    arXiv:2007.14083, 2020.
    arXiv

Domestic Conference

  1. SNSコメントを用いたニュースメディアバイアスの分析
    久田祥平、村山太一、矢田竣太郎、若宮翔子、荒牧英治
    第35回人工知能学会全国大会, 1D2-OS-3a-04, 2021.
    Paper
  2. フェイクニュース検出データセットにおける通時的バイアス
    村山太一, 若宮翔子, 荒牧英治
    言語処理学会第27回年次大会 (NLP2021), P5-17, 2021.
    Paper Poster
  3. Twitterにおけるフェイクニュース拡散モデルの提案
    村山太一, 若宮翔子, 荒牧英治, 小林亮太
    第13回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2021), H33-5, 2021.
    学生プレゼンテーション賞
    Paper Slide
  4. 検索クエリを活用した複数国におけるインフルエンザ流行予測
    村山太一, 若宮翔子, 荒牧英治
    第13回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2021), A33-1, 2021.
    Paper Slide
  5. ならまちハッピーマップ:クラウドソーシングと深層学習による街の雰囲気に基づく経路探索手法の提案
    安西崇, 村山太一, 矢田竣太郎, 若宮翔子, 荒牧英治
    第13回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2021), J31-5, 2021.
    学生プレゼンテーション賞
    Paper
  6. 長期Twitterユーザの投稿内容の経時的分析
    廣田一輝, 村山太一, 矢田竣太郎, KongmengLiew, 若宮翔子, 荒牧英治
    第13回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2021), I11-5, 2021.
    Paper
  7. Public Concern About COVID-19 Through Search Queries
    Zhiwei Gao, Kongmeng Liew, Taichi Murayama, Shuntaro Yada, Shoko Wakamiya, Eiji Aramaki, Nobuyuki Shimizu, Sumio Fujita
    第13回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2021), C24-3, 2021..
    Paper
  8. オルタナティブメディアに着目した日本のツイッターにおけるニュース拡散の分析
    村山太一, 若宮翔子, 荒牧英治
    第5回計算社会科学ワークショップ (CSSJ2021), 2021.
    Paper Slide
  9. 訂正投稿を用いたフェイクニュース収集システムの開発
    村山太一, 若宮翔子, 荒牧英治
    第12回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2020),P2-19, 2020.
    Paper
  10. 点過程を用いたフェイクニュース検出
    村山太一, 若宮翔子, 荒牧英治
    第12回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2020),A6-4, 2020.
    2020年度コンピュータサイエンス領域奨励賞
    Paper
  11. SNSを用いた選挙の争点に対する支持政党ごとの傾向抽出: 2019年大阪ダブル選挙を例に
    村山太一, 若宮翔子, 荒牧英治
    第4回計算社会科学ワークショップ (CSSJ2020), 2020.
    Paper
  12. WEB上Q&Aサービスへの投稿質問を用いた認知症介護に関する介護者の情報ニーズの探索的分析
    沢彩歌,平和也, 村山太一, 藤田澄男,伊藤美樹子,荒牧英治
    ヘルスコミュニケーション学会,2019.
  13. 位置関係を考慮した地域ごとのインフルエンザ流行予測
    村山太一, 清水伸幸,藤田澄男,若宮翔子,荒牧英治
    第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2019),2019.
    Paper
  14. 患者情報の季節性と検索クエリに基づくトレンドを用いたインフルエンザ患者数予測
    村山太一, 清水伸幸,藤田澄男,若宮翔子,荒牧英治
    第35回情報論的学習理論と機械学習 (IBISML2018), D1-66,2018.
    Site
  15. WORD GINI: 使用頻度の偏りを捉える指標の提案とその応用
    村山太一, 若宮翔子,荒牧英治
    言語処理学会第24回年次大会 (NLP2018),C4-4, 2018.
    Paper
  16. ソーシャルメディアを用いた依存症者の発言分類とその空間分析
    村山太一, 若宮翔子,荒牧英治
    NLP若手の会 (YANS2017), 2017.
  17. ソーシャルメディアを用いた依存症者の発言分類とその空間分析
    村山太一, 若宮翔子,荒牧英治
    情報処理学会データベースシステム研究会 (WebDB Forum),2017.
    企業賞;ライフル賞
    Paper

Award

  1. 2021, 感謝状, 第13回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2021).
  2. 2021, 学生プレゼンテーション賞, 第13回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2021).
  3. 2020, 2020年度コンピュータサイエンス領域奨励賞, 情報処理学会.
  4. 2017, NTCIR13, MedWeb Task Best System Award.
  5. 2017, 企業賞;ライフル賞, 情報処理学会データベースシステム研究会.
Taichi Murayama (村山 太一)
Taichi Murayama (村山 太一)
Student

My research interests include time series forecasting, fake news, computer social science.